【弥生賞・チューリップ賞】武幸四郎調教師のデビュー初戦に武豊が騎乗し1着、これは何のサインなのか

武幸四郎調教師がデビューし、初戦に武豊が騎乗し

1着で、幸四郎調教師の初勝利となりました

その次のレースも勝ち、初日は2戦2勝でした

この演出には、どんな仕掛けがあるのでしょうか?

初日の結果からは、「7枠」・「8枠」を臭わせている

感じですが、チューリップ賞のように

3強で決着させるのでしょうか?

日曜は、障害レースが1鞍ですが

今日、この日にこのレースに出走させるんですね(笑)

ミヤジタイガ

お気付きの方も多いと思いますが

弥生賞の2着馬です

「8」・「4」・「3」ゼッケンをつかうのでしょうか?

6枠 8番 カミノタサハラ  金子真人HD

7枠 8番 ワグネリアン   金子真人HD

いかにもですね(笑)

これは、幸四郎調教師が出走させるミヤジタイガは

弥生賞連対馬ですよ~、この馬注意ですよ~ってこと

なんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

おすすめ 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告