【毎日王冠・京都大賞典】秋華賞ポスターが教える「激走馬」

10月最初の週末で、3日間開催です

今年最後の3日間開催です

ですので、何を言いたいのかというと

月曜重賞を的中させる『鍵』があるのは

京都大賞典で終わりです

今月のG1は、

秋華賞、菊花賞、天皇賞秋

できれば、全部頂きたいのですが

去年は、

秋華賞 ×

菊花賞 ○

天皇賞 ×

今年は、リベンジします

さて、その今月の3つのG1ポスターが出ています

まずは、「秋華賞」ポスターです

(あとの2つは、またその週にアップします)

邪魔なところに、スポットライトがあり

ちょうど、騎手の顔辺りが反射しています

色々な角度で試したのですが

これが、限界でした(笑)

がしかし、

肝心な部分は、しっかり写していますので

大丈夫です

当然、今週はこの秋華賞のポスターから

先出しで使ってくると思います

このポスター、明らかに不自然ですね

後ろに写る「二人」の勝負服

何かおかしいですね

左は「キャロットF」の勝負服

右は「社台RH」の勝負服

JRAレース結果画像です

いつものパターンですね(笑)

写っていて当たり前のものを写さず

「なんで写ってんの?」というもの

これが、仕掛けです

なんといっても

ポスター全体のデザインと背後が大事だと思います

まあ、いろいろありますが

前回はこれでしたが、今度は

秋華賞本番ではなく、

今週使ってくると考えています

その、正体は読者会員記事で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告