【桜花賞】重賞の無い開設100周年の福島競馬場こそ、桜花賞に強烈なサインを送っている

ここ最近の反省を踏まえ、余計なことは書かず

本筋だけ、シンプルにすっきりと書きたいと思います

今年は、開設100周年の福島競馬場

今開催は21日の福島牝馬Sが唯一の重賞です

しかしイベントは、いろいろとあります

もちろん、福島競馬場用のものもありますが

他場G1(桜花賞・皐月賞)のサイン発信もあります

しかし、ゲストにしても、

ちょっとマイナーな方が多いですね(笑)

もっともその方が、仕掛けが解りやすいかも知れません

「はんにゃ」からは「川田将雅」

しずちゃんは「戸

リリーノーブル 川田将雅

プリモシーン  戸崎圭太

戸崎太に関しては、

眞子様と「小室」さんの婚約延期確定後、

3日連続重賞勝利(史上初)で始まった今年でしたが

2月の最初に、「ご婚約2年半延期」が発表されると

急失速となり、

現在の勝ち鞍は22勝、M・デムーロ44勝の半分

リーディングも10位です

先週、大阪杯ではサトノダイヤモンドに乗り替り

掲示板すら確保できませんでした

というか、「小室」さんに、プラスが起こらないと

JRAは、「寝て待っとけ」って言うことでしょうね(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告