【関屋記念・エルムS】ルメールはなぜ、地方転出馬にテン乗りで騎乗するのか

先週の小倉開催、凄かったようですね

完全に「竹内涼真」効果でした

21年ぶり、では今週は「22年ぶり」ですか?(笑)

さらに、こんなニュースもあります

どちらのニュースも「3歳・牝馬」を強調していますが

関屋記念の「プリモシーン」、どうなんでしょうか

それよりも、この、アルファセントーリの勝負服

ヤングマンパワーとそっくりですね(星野壽市)

おまけに「大外から1つ内」も同じです

注意しておきたいと思います

イベントからは、これ

いかにも【4枠】って感じを漂わせています

しかし、もう一つの重なりがあります

なぜ、ルメールが重賞で、

中央から「船橋」へ転出したこの「リッカルド」に乗るのか

しかも、テン乗りです

出馬表のサインの顔、【1枠1番】に入ったからには

何らかの仕掛けを受け持つ仕事だと考えられます

こういうパターンは、

「両隣り」の枠、馬番

または、他場メインの同枠、同馬番に注意ですが

関屋記念 1枠 1番 ベルキャニオン  石橋脩

エルムS 8枠+2枠

特に、「石橋脩」は、JRA8月カレンダーに

白帽と写っています

今月は、メインではまだ仕事をしていません

そろそろかも知れません

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告