【七夕賞・プロキオンS】7月のJRAカレンダーと壁紙が教える激走馬

今回の豪雨は

予想をはるかに超えた大災害になりつつあります

そして、オウム真理教の松本智津夫以下、7人の

同時死刑執行さえも影が薄くなっている感があります

しかし

こんな状況でも、競馬は粛々と開催施行されます

公営ギャンブルって、一体何なのでしょうか?

競馬がある限り、推理解読する病気の私も

何者なんでしょうか

取りあえず、書いていきます

まずは、7月カレンダー

なぜか写る

リスグラシュー    キャロットF

フローレスマジック  サンデーレーシング

七夕賞

接触させてきました

【5枠】【6枠】には注意します

特に

5枠 5番 マイネルサージュ  父:ハービンジャー

5枠 6番 サーブルオール   父:ハービンジャー

福島のイベントから

「対象レース」と、その結果を良く見てみると

過去3レース、何を仕掛けてきたのかわかります

では、七夕賞では「あの馬」の激走があるかも知れません

全く別角度からの重なりもあります

それは、壁紙カレンダー7月

画像では、この部分が仕掛けだと思います

8枠17番 アデイインザライフ  横山典弘

6枠12番 ロンギングダンサー   吉田豊

そして、一番後ろは「吉田勝巳」の勝負服

4枠 4番 メドウラーク

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告