【根岸S・シルクロードS】ニシケンモノノフって、二刀流ですか?芝は4年前に走ったきり、もう7歳のオッサンなんですけど。

これほど、意味不明なことはありません(笑)

本気の”二刀流”だ。って書いてますけど、

建前は、芝は年前に走ったきりです(笑)

まあ、サイン的には芝でも、ダートでも

関係ないと思いますけど・・・・。

2011年 東北大震災のわずか2週間後、

競馬ファンの感動を呼んだヴィクトワールピサの

ドバイワールドカップ優勝

(日本調教馬初)

これって、メイダン競馬場の

「ダート」(オールウエザー・タペタ)レースです(笑)

もちろん、ヴィクトワールピサはこれが「初」経験

おまけに、2着も日本馬のトランセンド

これは、一応、ダート馬です(笑)

そして、このレース、どさくさに紛れて、ブエナビスタ迄

借りだされていました(爆)

結局、芝だろうが、ダート、AWだろうが、一緒です

では、どうしてニシケンモノノフをわざと芝とダート

登録させたのでしょうか?

怪しいのは「横山典弘」騎手の勧めと書いていますが・・

この馬、去年は根岸Sに出走しています

1着 2枠 3番 カフジテイク   福永祐一

5着 2枠 4番 ニシケンモノノフ 横山典弘

1着馬の同枠でした、言い換えると

同枠馬が「1着」になった(笑)

そして、馬名意味が「武士」

横山典弘騎手の息子、横山「武史」くん

これって、音読みなら「ブシ」ですよね(笑)

「モノノフ」です(笑)

今週の、武ちゃんには注意したいと思います

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

おすすめ 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告