【エリザベス女王杯】回顧:壁紙カレンダーの仕掛け

回顧

やはり、レープロは正直でした

後は、

馬の過去走のレース着順などの作られた実績や

競馬マスゴミに騙されないかどうかですね

きっちりピンク帽子です(笑)

で、壁紙カレンダ11月

頭数から考えて、作為的なこの写真

この2頭をカットしています

馬を特定すると

「ピンク帽」「赤帽」

がはははは~

エリザベス女王杯 結果

やってくれますねぇ、胴元は。

写真から外した2頭の枠を

エリザベス女王杯の連対枠に使った胴元

さてさて、じゃあ、来週は?

お手並み拝見です(=^・^=)


No.2

この秋のレープロを見返していると

結構、そのまま使ってる感じですね

表紙と「Memoires2020」

表紙がどういう仕掛けかは

結果を見れば、誰でもわかりますね

勝ち馬、一発指名です

ですが、今週はちょっとアレンジするようですが(笑)

こちらは

見出しのタイトルに注目です(=^・^=)

で、今週

幸運のシンボル

表紙で、4着の【6枠】「武史」

「Memoires2020」で、3着【6枠】「ミルコ」

で、今年

なんか、危ない感じです(笑)


毎度のごとく

わけのわからん図柄構成にコピー文(笑)

馬が主役?

太鳳ちゃんが主役?

私、あまり賢くないのでよくわかりませんけど

まあ、コピー文は後回しで

まずは、単独の「土屋太鳳」

馬と共演(笑)POS

馬との「共演」はこの二つ

ソダシとデアリングタクト

吉田隼人と松山弘平

単独POSはこの4レース

それで、このコピー文

だったら、これかも

ついでに、これも(笑)

で、先週嵌められたこの両名の

ケガからの復帰

これ、もしかすると今週のサインかも

笑わせてくれますよね( ̄▽ ̄)

北村宏司は、2021/6  ユニコーンS

松岡正海は、2020/12 香港カップ

上記レース以降、休業

で、復帰がたまたま、同じ日

同じ競馬場(笑)

さらに

復帰初戦、どちらも

13頭立ての「6」着 (笑)

ということで、

太鳳ちゃんの「ヴィクトリアマイル」POS

やっぱ、これがあるからですかねぇ~

あっ、そうそう

「エール」って言葉なら、やっぱり

気になるなあ~(=^・^=)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告