【NHKマイルC】レーシングプログラムの仕掛けと罠

レーシングプログラムのサインは、強烈な

的中の武器にもなりますが、

一歩間違えば、落とし穴に真っ逆さまです(笑)

どう判断するかは、過去のパターンの分析もありますが

一番は、他のサインとの重なりだと思います

今週のレープロです

やはり、一番の仕掛けは表紙だと思います

いつものように、おかしな写真です(笑)

2着 7枠14番 リエノテソーロ  吉田隼人

これが写っていないカットを使っています

代わりに

3着 3枠 6番 ボンセルヴィ―ソ 松山弘平

これをしっかり入れています

ホームページのこの写真と同じです

そして、中の記事ですが

こちらは、普通に2着馬が写っています

このパターンは、今年だけでも2回ありました

大阪杯

先週の天皇賞春

この類似パターンでは「騎手」が鍵でした

同じことを3回繰り返すのでしょうか?

ちなみに、「JRA-Net通信」は、単騎の写真です(笑)

本当に、揺さぶってくれますね

気になることがあります

レープロ写真も、ホームページの写真も

どうしてこれほど、うつむいているのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告