【おっさんのつぶやき】有馬記念⑴

今年も、いよいよ有馬記念が近づいて来ました

直前にあれこれ考えても、なかなか難しいレースです

やはり、世相を反映するレースですから

一年を振り返ってみて、どんな年だったのか

頭に再度入れておきたいと思います

・東芝の経営破綻

・森友学園、加計学園問題からの忖度

・希望の党、立憲民主党

天皇生前退位の法案可決

眞子様ご婚約発表

・座間の殺人事件

・北朝鮮ミサイル実験

・日馬富士が傷害事件で引退

独断と偏見?でこんなところでしょうか

こうしてみると

JRA総合企画部が、演出に使ってくるのは

やはり、「天皇生前退位」+「眞子様ご婚約」だと

思われます

特に、「明るい出来事」となると

このニュースではないでしょうか

お互いを「太陽」「月」に例えられての会見でした

偶然にも、今年の競馬会でも、「太陽と月」が

います

デビュー30年を迎えた騎手

「武豊」と「蛯名正義」

この二人は、ことし「酉」年の、年男です

武豊は、今年G1・3勝を含む重賞12勝

蛯名は、G1未勝利、重賞2勝

確かに、武豊は前人未到の記録を更新中ですが

蛯名とて、超一流です(ダービーは未勝利)

この二人こそ、「太陽」と「月」だと言えます

通算勝利度数一覧 JRA騎手データより引用

何か、やってくるかも知れません

その予告が、「有馬記念」ファン投票ポスターの

「ジェンティルドンナ」だと考えています

このジェンティルドンナの有馬記念

「太陽と月」=「武豊と蛯名正義」が、

出馬表の「最内と大外」のサイン告知位置に

配置されていたのは偶然でしょうか

「1枠1番」トーセンラー  武豊

馬名意味:エジプト神話の「太陽神」

今年の有馬記念

キタサンブラックの1着はありません

その理由は、読者会員の記事で書きましたが

断言できます(笑)

2着以下です

では、「月」の「蛯名正義」が勝つのでしょうか

それもないと、思います

あくまで、「月」としての役割が

今年、武豊とともに、デビュー30年を迎えた

酉年の年男の仕事です

今日は、ここまでです

また、そのうち「つぶやき」ます(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告