【おっさんのつぶやき】有馬記念⑵

有馬記念、いよいよ来週です

今は、あまり細かい具体的な推理はまだ進めていません

(もう、勝負する馬は11月に決めていますが(笑))

来週から、「有馬記念」の推理解読をアップしても

多分、時間的にバタバタになりますので、

余裕をもって今から推理解読を書いていきます

では、有馬記念「つぶやき」を、始めます(笑)

まず考えているのは

①年間テーマ「何かの終わりは、何かの始まり」

 ・今上天皇の生前退位と新天皇の即位

 ・今年のG1の流れ

②金杯からの1989年、1999年性

 ・スペシャルウイーク

③天皇賞春と秋の分析

④有馬記念CM

⑤藤田菜七子(ブランドCM)

こんな感じで、進めていますが

とにかく、絞らない、決めつけないということです

なんといっても、自分の今年の推理のベースは

「今上天皇の生前退位」と「2020東京オリンピック」

これが、中心になります

(最後の決め手は「デビュー30年・酉年の二人」かも

知れませんが。)

さて、

今日のニュースで、アップされていました

やはり、思った通りです(笑)

サトノクラウンが出走し、三浦皇成が騎乗参戦

           記事:引用

三浦皇成

今年、来年のシナリオに絶対に必要な騎手

復帰してから、色々仕掛けていますが、今のところ

大きな花火は上がっていません

天皇賞秋で仕事をすると考えていましたが、騎乗無し

この時点で、自分の読みが浅かったことに気付き

再度、今年の流れと三浦皇成を考えると

どうしても、有馬記念に騎乗してくる必要がありました

理由は簡単です

三浦皇成の生年月日

1989年

平成元年=1989年

当たり前ですが、「元年」は「始まり」です

この「始まり」の使者:三浦皇成

キタサンブラックの引退レース(「終わり」)に

騎乗してくるということです

キタサンブラックは、去年と今年

天皇賞春を連覇しましたが、これは一体、いつから

決まっていたことなのでしょうか?

ディープインパクトだけが物理的に可能でしたが・・・

つまり、キタサンブラックという馬は、

それだけ特別な馬だということです(サイン的に)

逆に言えば、別にキタサンブラックでなくても

武豊が騎乗し、2016、2017年と春の天皇賞を

連覇させることが必要だったということです

メジロマックイーン

テイエムオペラオー

フェノーメノ

でさえできなかったことです

この続きは、会員ブログで。

本題に戻ります

名前も「皇成」(笑)

平  天 

これは、読者会員の方は、ご存知だと思います

平成天皇の生前退位が決定した今年、

天皇賞春のCMで、優弥くんが

「何かの終わりってさあ、何かの始まりなんだよね」

そして、この三浦皇成、復帰後

もう一人の騎手と、ペアで刻印してきました

さて、有馬記念ですが

乗り馬があるのか?という疑問もありました

一部、発表された騎乗予定を見ても?

今日、ブレスジャーニーが新馬戦から前走までの6戦

全て騎乗している善臣先生から、三浦皇成に乗り替わる

発表で、「オーナーの意向」だとか。

やはり、推理は正しいと感じました

この馬は、故障後

美浦の本間厩舎から栗東の佐々木厩舎へ転厩しています

【続く】

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

おすすめ 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告