【菊花賞・富士S】G1ポスターも、意味不明なイベントも、示しているのはあの馬か

信じる者は救われるのか?

馬鹿を見るのか?

このポスターも、過去からの分析がないと

そう簡単には解読できないと思います

私は、毎回入手できないので材料には使っていません

単純な印象は、左上の「不撓不屈」

これは、貴乃花の大関昇進時の口上でした

今は、花田光司

あとは、ユーキャンスマイル

これだけ写真が逆向きですが

そんな単純なものではないんでしょうね

一方、新しく出ていたのは、これ

なんか、見たままやりそうで怖いですね(笑)

そして、この秋のポスターの流れから

今回の菊花賞で必ず使われるこのポスター

これも、見たまま単純に使われるかも知れません

キタサンブラックのゼッケンを見せてないことから

やはり、当たり前ですが「背景」が鍵だと思います

これまでのポスター

結果を見ていけば、ある法則で

「馬券になるもの」をきっちりと示しています

しかし、今回は「天皇賞秋」を使ってくると

ポスターデザインを少し変えていますので

注意が必要だと思います

あと、とんでもないイベントがあります

きのう新潟の意味不明なイベントです

もう終わったからといって、今日は関係ないと考えるのは

間違いです

良く見て下さい

ダンスしている男女の「首から上」を消しています

なんですかこれ?

しかも、「オシャレダービー選手権」?

ダービーはとっくに終わっています

首から上がない

これが、最大の仕掛けです(笑)

だから、きのうの新潟メインでは

こんな結果になったんでしょうね

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告