【大阪杯】中山イベント「わくわくチャレンジ」のキタサンブラックは、見たまま単純が正解なのか

中山競馬場のイベント「わくわくチャレンジ」

先週の高松宮記念の「セイウンコウセイ」

1着ではありませんでしたが、ナックビーナス

人気薄で馬券になりましたが、しっくりいきません

今週は、「キタサンブラック」ですが

いろいろあります(笑)

もう、単純に、シンプルに

キタサンブラックは、【3枠】だけが、ありませんでした

これで見てみると、この2頭が該当します

そして、これもそのままですが

デビュー以来、日本人騎手しか騎乗していない馬

この4頭です

これは、結構人気薄が出てきました

しかし、一番やばそうなのは

キタサンブラックの重賞初勝利が「スプリングS」

ウインブライトも同じです

「日本人騎手しか騎乗していない」要素と2つ重なります

この馬は、注意しておきたいと思います

次に、CMです

大阪杯のCMには、もう大阪杯用の仕掛けは

それほど残っていない気がします

やはり、次の「桜花賞CM」がやばそうです

先週も書きましたが、不発でした

今週再度、考えたいと思います

このシーン

「大阪弁」です(笑)

これは、完全にサインです

先週の高松宮記念では、「大阪(=阪神)」で開催した

キンシャサの連覇の「高松宮記念」をほじくり出し

失敗しましたが、

今週はどうでしょうか?

「大阪」の要素、大阪杯だけに期待できます(笑)

騎手には、いません

今回の大阪杯に出走の調教師に一人だけいます

今野調教師、マサハヤドリーム

げっ!まさか

これは、同枠のダンビュライトかも知れません

もう一丁、CM

これは、大阪杯CM、残り物には福がある?

1着のキタサンブラックと6着のサトノクラウン?

今週の「JRA-Net通信」と同じ写真です

確かに、「5枠」には、「サトノ」ノブレスがいますが・・

同枠、M・デムーロ、「7」ゼッケン?

気になるのは、右端に「鼻」だけ残していることです

必ず意味があります

これは、キタサンブラックのケツで見えない

サトノクラウンの鼻を意味しているのかも。

武豊とM・デムーロの間におさまるジグソーのようですね

CMに戻りますが、これも、素直に考えて

写っている2頭の配置

4枠 5番 キタサンブラック   武豊

4枠 6番 サクラアンプルール  横山典弘

5枠 7番 サトノクラウン    M・デムーロ

「横山典弘」をサンドしていることになります

これかも知れません

1枠 1番 ミッキースワロー  横山典弘

じゃあ、CMの大阪杯(去年)の1番は?

1枠 1番 ミッキーロケット  和田竜二

ふう~ん、そうなんですか(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

おすすめ 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告