【シンザン記念】2回目の東京オリンピック、史上2頭目の三冠馬「シンザン」

今年の中山金杯、驚きの結果でした(゚д゚)!

レース結果というよりも

この1年、1月を予告する中山金杯、まさかの仕掛けでした

胴元の競馬レース、知る限りは

全て、過去のレースの焼き回し(アレンジ)再演です

そして、

先週の中山金杯の「アレンジ元レース」が、予想外でした

ここでは、書きませんが、去年の「11、12月読者会員」の

方ならすぐに分かると思います

先週起きた、2つの出来事

偶然ではなく台本通りのJRA劇場だったということでしょう

読者会員記事で詳細を。

さて、今週は1月第二週ですが、先週は

JRA1月カレンダーの「○○○○○○○」

壁紙カレンダーの写っている「○○」

そして、

年初のJRA理事長の新年の挨拶にかかれている

「○○○○○○○」

全てが、起動しました

例えば、京都金杯

このレース、壁紙カレンダーの要素が仕掛けられました

良くある仕掛けのパターンが、早速セットされました

結果を見れば、すぐに分かります

問題は、いつ、どのレースで使ってくるかです

ではこれ

騎手もいなけりゃ、ゼッケンも無し(笑)

フェアリーステークスの優勝レイにかかった、

黒の手綱気になりますが

なんといっても、ポイントは「馬着」だと思いますが・・・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

おすすめ 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告