【東京新聞杯・きさらぎ賞】競馬週刊誌の表紙はダービーのレイデオロのサイン、この意味はあの馬か?

週刊GPの表紙ですが、いろいろ解釈が出来ますが

今週のこのニュースで、「同じもの」という仕掛けが

見えてきた感じですが

貴乃花部屋から「史上初」「双子」の関取が誕生です

「史上初」を去年から繰り返している胴元JRAですが

このタイミングでの、貴乃花部屋と重ねてきました

ルメール騎乗の、ダービーのレイデオロですが

なぜか、7着馬のペルシアンナイト(戸崎圭太)と

重なっている写真を使っています

「双子の関取」、「6枠緑帽の重なり」

そして、出馬表が出ました

4枠 7番 クルーガー    キャッロトF

4枠 8番 リスグラシュー  キャロットF(染め分け)

表紙も「キャロットF」なら、

使ってくるかも知れません

表紙は、戸崎の前に、キャロットF

出馬表は、

4枠 8番 キャロットF(染め分け)

5枠 9番 戸崎圭太

戸崎の前に、キャロットです(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

おすすめ 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告