【弥生賞・チューリップ賞】登録頭数が少ない弥生賞に意味不明な馬が3頭、これ皆、森秀行厩舎

毎週毎週、手を変え品を変え、いろいろ仕掛けてくれます

情報量が多いので、その中から役に立つものだけを

ピックアップしていくのも大変ですが、

選別の基準は、私の場合は「なんか変」(笑)これです

今週の弥生賞、登録自体11頭と少ないのに

そのなかに、意味不明な馬が登録しています

アラウンとへヴィータンク、ニシノトランザム

アラウンは、たぶん登録しただけで出走しないのでは。

というのも、先週土曜に走っています(笑)

まったく、意味不明です

きっちり、仕事することを期待します(笑)

そして、もう一頭のへヴィータンク

弥生賞が「初出走」です(爆)

何ですか、この馬?

さらに、9戦して近6走がダートのニシノトランザム

この3頭は、騎手が決まっていないようです

出走してくるんでしょうか?

8頭立てになるかも知れませんね

そして、この意味不明な3頭

すべて「森秀行」調教師です(大笑)

もし、この中でへヴィータンクが出走してくれば

狙うのは、あれしかないと思います

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

おすすめ 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告